体験指導 of 大阪達徳会

読書・イメージ写真.jpg

大阪達徳会異業種交流クラブ例会

プログラミング指導者体験講習会
を開きました。

 諸外国から大幅に遅れているわが国のプログラミング教育がようやく2020 年度から、すべての小学校においてが必修化されます。
 将来を担う子供たちがプログラミングに取り組み、自らのアイデアや想いを楽しみながら作品として制作していくなかで論理的思考や表現力を身につける科目です。しかしその教育の現場は指導員の不足が深刻な問題になっています。

 その問題解決として大阪達徳会異業種交流クラブの呼びかけで、このたび子供たちとともに創作への思考を一緒になって学び指導するスタッフ(指導員)講習会をアトリエ“遊”様のご協力のもと永和教室をお借りして開催しました。
 地域の皆様や保護者の皆さまが子供たちにおけるプログラミング教育の大切さを知って頂き、1人でも多くの子供たちがプログラミングの面白さを体験し自らのアイデアを考え、ストーリを組み立て、表現する力を身につけさせてあげたいとの趣旨からです。

 アトリエ“遊“の主宰者は私たちの先輩(第5期・田中嵩基さん)が理事長です。東大阪市・大阪市・八尾市でプログラミング教室を展開されています。誰もが手軽に楽しくプログラミングを始められるようにするシステムを開発し、その普及を図っておられます。
 私が体験した感想ですが、プログラミングは難しい操作ではありません。マニュアルに沿って言語を打ち込めばイメージするキャラクターが自由に動き、音も発しながらストーリーを作ることができます。子供たちの創造力がかきたてられるものと思いました。

 皆様方の中に、このような事業に側面からご協力いただけそうな方はいらっしゃいませんか。例えばお母さん、お爺さん、お婆さんがシステムを学び、空いた時間に地域の子供たちにプログラミングの楽しみを一緒に体験するといった感じです。

 1月28日、14時から東大阪市永和1-8-3にあるアトリエ遊永和教室にてまず5名の同窓の方にご参加いただき、システムの基本を体験していただきました。協力頂きました方々、ほんとうにありがとうございました。
 今後、いろいろな方面で外部指導員の要請や協力依頼が集まることと思います。その際には皆様のお力添えよろしくお願いいたします。

◆ご賛同いただける方は、
 大阪達徳会異業種交流クラブ 事務局 岡本 眞
 までお問い合わせください。
    Email:okamotom@symphony.plala.or.jp

講習会.jpg

打ち合わせ.jpg

教室.jpg