池田草庵1回目 of 大阪達徳会

読書・イメージ写真.jpg

大阪達徳会異業種交流クラブ主催
「但馬聖人池田草庵の「肄業餘稿」
を学ぶ」会がスタート

2017-08-10

記念写真.JPG

 大阪達徳会異業種交流クラブは、わが故郷が誇る陽明学者「池田草庵先生」のことば「肄業餘稿」に触れ読み親しむ輪読会を設け、このたび第1回例がスタートしました。
 「池田草庵」先生は、山陰但馬の地、宿南青谿書院で人間の生き方、人格の形成をめざす知識と実行を兼ね備えた人間の育成に心をくだかれ、幾多の偉人を輩出されました。その人生訓「肄業餘稿」の一文に触れ、思うたびに自分自身に立ち返っていただく契機にしましたならば、それはそれで反観内省の一助ともなるのではないでしょうか。
 私達は今、めまぐるしい時代の流れに翻弄されつつ生きていると言っても過言ではありません。この輪読会は、私たちの生活に対して大事なヒントを得る機会となることでしょう。

懇親会.JPG

<第1回開催の内容>

第1回開催:9月16日(金曜日)午後6時~同8時半(懇親会含む)
テーマ:わがふるさと「但馬聖人」池田草庵の「肄業餘稿」を学ぶ
    この輪読会は師の教えを分かりやすく解説編集していただきました池田草庵に学ぶ会代表米田啓祐編著「草庵百話」をテキストと致します。
場所:ドーンセンター(大阪市中央区.大手前大阪府立男女共同・青少年センター)4階 小会議室4号
当初メンバー:7名(今後、有志の方々にぜひ参加を期待しています。)


 当日は今後の会合の進め方や具体的なスケジュールなどについて話し合いました。引き続き当会館内レストランで懇親会食を行い、メンバー(塾生の気分で)それぞれざっくばらんな交流ができお互い、人となりの理解が深まったように思います。対話の過程を楽しむにふさわしいメンバーに集っていただいたと、手ごたえを感じた次第です。

草案百話.jpeg今後の学習進め方は、以下の通りです。
・テキスト「草庵百話~肄業餘稿~」(米田啓祐著)の各プロローグ(テキスト目次参照)1~13のうち
1~4
5~8       各30P見当
9~13
を隔月で読み終え、その読後感(感銘を受けたところ・教訓として生かしたいもの・疑問に思うところや意見を交換したいところ等)を気軽に、自由に述べ合い、お互いの感受したところを共有します。
・但馬養父市宿南青谿書院を見学し、地元草庵研究塾(米田啓祐氏主宰)と情報交換する。

以上の企画を平成28年9月~6月の4回をかけて実施します。
第2回例会 平成28年11月
第3回例会 平成29年 1月
第4回例会 平成29年 3月
第5回例会 平成29年 5月  養父市情報交換
以降は、さらに池田草庵文献(シリーズ陽明学望月高明著など)の研究を続行するか、もしくは他の話題図書・但馬史や但馬城郭めぐり等を題材にするかを決めます。

<文/事務局長 岡本 眞さん(高18期)>


ページトップへ