秋のハイキング2018 of 大阪達徳会



京阪神で頑張っている豊岡高校卒業生たちの集い

10(集合写真).JPG

2018年 秋のハイキング
中百舌鳥古墳群を歩く(約6km)

日時 2018年11月17日(土) 10時
集合 JR堺駅駅

JR堺駅→方違神社→反正天皇陵古墳→堺市庁舎展望デッキより大阪平野を遠望→仁徳天皇陵→大仙公園で昼食→仁徳天皇陵正面で記念撮影&ボランティアの解説→堺市博物館→百舌鳥→天王寺で乾杯


■話題の古墳群を見学。
 説明も聞いて少〜し賢くなりました(笑)

 ユネスコの世界文化遺産登録をめざす百舌鳥・古市古墳群が最近、よくマスコミなどで話題になっていますが、今回はタイミングよく、その中の中百舌鳥古墳群を歩きます。
 JR堺市に20名(女性9名)が集合。古墳群に向けて歩くと、三角形の敷地に建つ方違神社へ。「方違」。何と読むか分かりますか。私は「かたたがえ」だと思っていましたが、「ほうちがい」と読むそうです。河内、和泉、摂津の3国の境に位置し、いずれの国にも属さない神社として有名だとか。いろいろあるものです。
 そして住宅地を抜けると、反正天皇陵古墳(全長148m)が見えてきました。こんもりとした木々の緑に覆われた陵墓を堀が囲んでいます。反正天皇は仁徳天皇の第3皇子で、古墳は百舌鳥古墳群の中では7番目の大きさです。そこから堺市庁舎21階の展望ロビーへ。古墳群はもちろん、大阪平野まで一望できます。
 次はいよいよ仁徳天皇陵古墳(全長486m)です。堀を巡りながら歩いていても、その大きさが分かります。クフ王ピラミッド、始皇帝陵と並ぶ世界三大墳墓の一つで、世界最大の規模を誇ります。そこから隣接する大仙公園で昼食タイム。池もある広々した公園でそれぞれ寛ぎます。
 昼食後のスタートは、仁徳天皇陵古墳の正面拝所まで戻っての集合写真の撮影から。そこでボランティアの方から詳しい説明を受けました。世界遺産登録がかかっているだけに、地元の人たちの熱心さがひしひしと伝わってきます。
 次に大仙公園内にある堺市博物館へ。この日は、関西文化の日とかで、入館料無料。ラッキーでした。古墳のことはもちろん、展示されている鉄砲、刀、ふとん太鼓などを通じて、改めての堺の歴史・文化の深さと底力を伺い知ることができました。
 ここからさらに履中天皇陵古墳、いたすけ古墳、御廟山古墳を巡る予定でしたが、仁徳天皇陵での説明、堺市博物館見学などで時間を使ったため、今回はここでハイキングを終えることにして百舌鳥駅まで歩き、ここでいったん解散しました。
 後は恒例の打上げです。天王寺駅へ出て、地下街にある居酒屋で乾杯しました。今回は体力だけでなく、知力も動員した楽しい時間を過ごすことができました。お世話役の森垣さん、ありがとうございました。
<高22期・竹内明久>