秋のハイキング2017 of 大阪達徳会



京阪神で頑張っている豊岡高校卒業生たちの集い

2017年 秋のハイキング

柳生街道 滝坂の道を歩く(約11km)

近鉄奈良駅~朝日観音~首切り地蔵〜浮見堂〜〜近鉄奈良駅


日時 2017年11月11日(土) 10時
集合 近鉄奈良駅

12.集合写真.JPG


僧侶や剣豪も歩いた渓流沿いの石畳道
 柳生街道は、奈良市春日大社から奈良市柳生町までの約19kmをいいますが、春日大社から忍辱山円成寺まで10kmを「滝坂の道コース」、円成寺から柳生町までを「剣豪の里コース」に分けられます。今回のハイキングは、滝坂コースの途中までを楽しみました。
 午前10時に近鉄奈良駅に11名が集合し、スタートです。奈良公園を抜けて、案内板に従って滝坂の道へ。
 やがて能登川の渓流沿いの石畳道を滑らないように気をつけながら、一歩一歩踏み進みます。昼なお暗い道を歩くと、石灯籠や寝仏、夕陽観音、地蔵菩薩、朝日観音石仏などが次々に現れます。界隈は、平安時代から鎌倉時代にかけて南都七大寺の僧たちの修行の場でした。また江戸時代は、柳生の道場をめざす剣豪たちが往来した道でもあります。

■帰りは、春日山散歩道の落ち葉を踏みしめて
 やっと着いた休憩所には、荒木又右衛門が試し切りしたと伝えられる首切地蔵があります。ここで昼食。食後に森垣さんから頂いた日本酒の旨いこと。疲れも吹き飛びました。
 先へ進むのは困難かも知れないとの情報で、ここから引き返します。でも同じ道ではなく、春日山散歩道を歩くことに。落ち葉が積み重なり絨毯を歩くような気分で足取りも軽くなります。所々には紅葉もみられ、見晴らしもよく気分上々です。途中、長い階段を見つけ、案内板に書かれた妙見宮にも登って参拝しました。
 奈良公園に入り、鷺池に優雅に佇む浮見堂を見ながら無事に帰ることができした。中華料理店で乾杯! 天候にも恵まれ、石仏、石畳、渓谷などの風景を愛でながら歩く楽しいハイキングでした。<高22期・竹内明久>


1.スタート.JPGスタート
6.石畳.jpg石畳
7.渓流沿いの道.JPG渓流沿いの道
8.石畳.jpg石畳
9.朝日観音.JPG朝日観音
10.首切り地蔵.jpg首切り寄贈のある休憩所で昼食
13.春日山遊歩道.jpg春日山遊歩道
15.軽快に歩く.jpg軽快に歩く
14.紅葉.jpg紅葉がきれい
16.階段.jpg階段
18.頑張って登る.JPG頑張って登る
19.浮見堂.JPG浮見堂
P1040129.JPG鷺池で記念写真
20.乾杯.JPG乾杯
21.乾杯.JPG乾杯