ボイジャー of 波止場通信


ボイジャーの全景.JPG

とにかくデカイ!
ついにボイジャーがやってきた!

港の賑わいは、客船の出入りから

 2012年7月9日(月)、「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」がついに神戸港にやってきました。総トン数約13万7000トンの巨体を静かに神戸ポートターミナルに接岸。神戸沖には、船が歓迎の放水をあげ、ターミナルでは多くの見物客が、カメラを手に船の姿を見守っています。近づくにつれ、その巨大さに眼を見張り、接岸すると、大きすぎてデッキからは船の全体を写真に入れることができません。  
 「まるでマンションがのっているみたいや」とSカメラマン。「確かに!ただデカイだけ、QE2の3倍だそうだ。しかし、格調などなく、詰め込みの難民船のようだ。やはり船はフロアを上がるごとに狭まっていないと美しくない」(編集者のNさん)といった厳しい評価もあります。
 美的にはNさんのいう通りかも知れませんが、巨大化することで、料金が割安になり、かつては欧米の上流階級しか楽しめなかったクルージングを一般ピープルでも手の届くものにした功績も認めねばなりません。
 今回は、中国人観光客ら約3500人が乗船して、上海から神戸、長崎、済州島、そして上海に帰る7泊8日のクルージングです。港は貨物ばかりでなく観光客が出入りしてこそ華やぐものです。それに神戸の街で買い物や食事をしてもらえる経済効果も大!
 このボイジャー、あと3回、8月と9月にも神戸港に入港する予定です。


歓迎の放水.JPG歓迎の噴水マンションだ.JPGまるでマンションだ歓迎の演奏.JPG歓迎の演奏
接岸中.JPG無事に接岸北公園から.JPG北公園から見ると

クリックすると拡大します。

今夏、神戸港過去最大の客船がやってくる!

「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」が
2012年7月、8月、9月に寄港予定

 今年(2012年)7月、8月、9月に計4回、神戸港にクルーズ客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」が寄港します。総トン数13万7000トンと神戸港を訪れた客船の中で過去最大。今年5月に入港した「フォーレンダム」が6万2000トンだから、何と2倍以上の大きさです。
 同船を運航するロイヤル・カリビアン・インターナショナル社(米国)は、成長著しいアジアの市場を見込み、積極的な動きを見せています。ちなみに同社は、現在、世界最大の客船「オアシス・オブ・ザ・シーズ」(22万5000トン)も所有。それにしても大きいですね。
 いずれにしても神戸港にとっては久々の明るい話題。「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」をきっかけに、次々に大型客船が入港してくれることを願うばかりです。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズの神戸港入出日時(2012年定)

入港 
出港
  前港 次港
7月9日(月) 14:00  7月10日(火) 18:00 上海 長崎
8月6日(月) 14:00    8月7日(火) 18:00  上海  長崎 
8月20日(月)
14:00  8月29日(火)
18:00  上海
長崎
9月13日(木) 7:00   9月13日(木)   23:00 上海  長崎 

船そのものがテーマパーク

 1999年当時、タイタニックの4倍、QE2の2倍の大きさを誇る世界最大客船として注目を集める。地上のあらゆるレジャーを集めるというコンセプトのもと、アイススケートリンク、ロッククライミングの壁面、長さ122mの巨大アーケード、それを見下ろすプロムナードキャビン、フルサイズのバスケットコート、ウォータースライダー付きのファミリープール等々、船上初の施設を備えている。豊富なアクティビィティで船そのものがテーマパークとなっています。

ボイジャー.jpg

★シップデータ
総トン数:13万7276トン
乗客定員:3840人
乗組員数:1180人
全長:310m
全幅:48m
喫水:8.8m
巡航速度:23.7ノット
船籍:バハマ
運行会社:ロイヤル・カビリアン・インターナショナル
就航年:1999年11月

心配だ!船の底がつかないの?

 これだけ巨大な船が、神戸港に入港して船の底が海の底につかないのかと心配してしまう。そうなると座礁の一大事である。
 ということで調べてみると、ボイジャーの喫水(船が海の下に沈んでいる高さ)これが8.8m。思ったよりも短い気がする。本当はすごい距離なんだろうけど。これに対して、神戸ポートターミナルは、長さが649m(東側岸壁)と589m(西側岸壁)で、水深12mから10mのバース6つを備えている。だから大丈夫というわけで、ほっとする。
 ちなみに、世界最大のオアシス・オブ・ザ・シーズの喫水は、9.1mである。これまたセーフ。ウエルカム・オアシス!

世界最大の「オアシス」は、22万5000トン

 かつて世界最大といわれ、海の女王と称えられた「クイーンエリザベス2」は6万5863総トンを誇っていた。このQE2に比べて、ボイジャーは、2倍以上のでかさだ。驚くのは無理はない。ところが上には上がいるものである。
 現在、世界最大の客船は、約22万5000トンの「オアシス・オブ・ザ・シーズ」である。ボイジャーが13万7000トンだから、ボイジャーの1.6倍。乗客定員5400人、乗組員数2384人。合計7784人。模型をみても、一つの巨大団地がそのまま浮かんでいるような感じだ。

コラム・オアシス.JPG

ページの先頭へ

編集人が運営する
3つのサイト