上方落語 of 波止場通信


モトコーに上方落語がやってきた

「第1回モトコーぷらねっと寄席」


ぷらねと寄席1.JPG 2013年4月12日(金)、モトコー2タウンのプラネットEartHで、桂咲之輔さん、桂鞠輔さんの2人の若手落語家による「第1回モトコーぷらねっと寄席」が開催されました。演目は、「花色木綿」(鞠輔)、「時うどん」(咲之輔)、「トークコーナー」「紙入れ」(咲之輔)。
 鞠輔さんは、天満天神繁昌亭の落語家入門講座出身の女流落語家。熱演なれど、噺を急ぎすぎた嫌いがありました。でも、これからが楽しみ。そして桂咲之輔さんは、桂春之輔さんに入門して今年でキャリア7年目。よく通る声で噺を展開。楽しませてもらいました。神戸市出身だけに今回の寄席には力が入っていました。

ぷらねっと寄席2.JPG モトコーでの落語はたぶんこれが最初。「モトコーぷらねっと寄席」は、今後、2カ月に1回、偶数月の第2金曜日、午後7時から定期的に開催される予定です。演者は、桂咲之輔+若手(誰が出てくるかお楽しみ)
神戸には東京や大阪のような常打ち寄席はありませんが、地域寄席が各地で開かれています。地域寄席の厚みが増すことは、落語ファンには嬉しいもの。効率化とスピードが求められる現代にあって、ゆったりと落語の世界に浸る贅沢を、多くの人に味わってほしいものです。

ぷらねっと寄席3.JPG


|1|2|3|4|5|

次のページへLinkIcon

Column


ページの先頭へ

編集人が運営する
3つのサイト